未分類

心不全〜看護学生必見〜

こんばんは、今日は心不全について解説していこうと思います。

この内容を理解しておけば、先生に心不全について聞かれたときも問題なく答えれるような内容になっています。また、心不全の薬は難しいですが、毎年国家試験に出ているので薬についても説明していきます。

1、心不全とは?

2、心不全の患者の検査、観察

3、心不全の患者の治療は何するの?

4、予防は何したらいい?

5、国家試験でる問題

の順で書いていきます。

心不全とはなんですか?

心不全とは病名ではないので、「心臓の様々な病気によって、心臓のポンプ機能が低下した状態のこと」です。心臓の病気とは狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や、心臓弁膜症、心筋炎です。そのほかの原因として高血圧、糖尿病、腎不全なども挙げられます。心不全は「急性心不全」と「慢性心不全」に分けられます。急性心不全は急激に心ポンプ機能の低下と代償機能の破綻が生じている状態で、心筋梗塞などの緊急的な原因疾患による新規発症と、慢性心不全の急性増悪が考えられます。慢性心不全は、血行状態の悪化が徐々に進行する状態で、代償機構が長期間働き、心ポンプ機能の低下が緩徐に生じるものです。

心不全の病態

左心不全:左心機能低下により心拍出量が減少し、左室拡張終期圧が上昇し左房圧が上がります。左房圧が上がったことにより肺の静脈圧も上昇し。肺うっ血の状態を引き起こします。肺の毛細血管圧が血漿蛋白の膠質浸透圧を上回ると、体液が毛細血管から間質および肺胞へと漏出し、肺のコンプライアンスが低下し、呼吸仕事量が増大します。肺胞への著名な液貯留により呼吸困難感が生じます。分時換気量は増加しPaCO2が低下し、血中pHが上昇する(呼吸性アルカローシス)の状態となります。

右心不全:右心機能障害に起因する心不全では、右心機能の低下により、右心拍出量の低下し右心房圧が上がります。右心房圧が上がったことにより中心静脈圧が上昇し、全身の静脈圧も上昇し、体静脈うっ血を起こします。そして下肢や腹腔内臓器に体液が漏出して浮腫をきたします。肝臓への影響が最も大きいですが、胃や腸間にもうっ血が起きるほか、腹水を起こすことがあります。内蔵における慢性静脈うっ滞は食欲不振、栄養および薬剤の吸収不良、タンパク漏出性胃腸症(下痢および低アルブミン血症を特徴とする)を起こすこともあります。

症状としては

急性心不全では、激しい呼吸困難、胸痛、動悸、咳嗽、が現れ、顔面や手足が蒼白したりします。重症化していくと、意識障害が現れます。

慢性心不全では日常から軽度の症状として、呼吸困難感や息切れ、咳き込み、疲れやすさ、手足の冷え、動悸、足のむくみなどがあるのが特徴で、少しずつ症状が悪化してしまう傾向がある。また、風邪やスロレスで急激に悪化してしまうことがある。

心不全の患者入院後の検査、観察

心不全の患者さんは、呼吸困難を訴え、自力で動くことができず、入院してくることがほどんどです。酸素の状態が悪いため、呼吸状態を助ける必要があります。したがって、呼吸状態に合わせて、酸素投与を開始します。心不全が重症化している場合は、呼吸状態も悪いので、ほとんどの場合でNPPVを装着します。呼吸困難がある場合、肺うっ血を起こしていることが多く、NPPVは肺うっ血の根本的治療とも言われているため、第一選択となります。しかし、意識障害がある場合などには迷わず挿管をします。

 検査としては、採血検査にてNT-proBNPやBNPという脳性ナトリウム利尿ペプチドという値の上昇を見ます。12誘導心電図では、不整脈の有無を見ます。胸部X線で心臓の大きさを見ます。心エコーでは心臓の動き、心拍出量などを見ます。症状やこのような検査から心不全の重症度を見ます。ICUではCS(クリティカルシナリオ)というので評価されます。重症な心不全では、集中管理が必要なためICUに入室し、SpO2モニター、心電図モニター、を装着し継続的なモニタリングを行います。またAライン挿入後、持続的な血圧測定を行います。Aライン挿入後、血液ガスデータから、電解質の調整や、呼吸状態の管理が必要となります

心不全患者の治療は何するの?

心不全の原因となった疾患の種類や重症度によって治療方法は変わります。主には「薬物療法」を行います。主な治療薬は、ACE阻害薬、アルドステロン拮抗薬で心臓を保護する。β遮断薬で心臓を休ませる。利尿薬で心臓を楽にする。強心薬で心臓を力づける。などがありますが、ICUなどに入院する重症の患者さんの初期治療で重要な薬剤は硝酸薬(血管拡張薬)です。代表的な硝酸薬はニトログリセリン、ニコランジル、カルシウム拮抗薬のニカルジピン、合成ナトリウム利尿ホルモンの、カルペリチドなどがあります。体液貯留が著名な場合はループ利尿薬などを使用します。

急性心不全:β刺激薬、(ドブタミン、ドーパミン)強心薬、ループ利尿薬と硝酸薬、モルヒネ

慢性心不全:ABC阻害薬(第一選択薬)β遮断薬、ループ利尿薬

状態の安定が測れたら、経口内服薬へ切り替えていきます。薬剤療法に加え、心不全の治療として重要なのは食事療法です。心不全は生活習慣病と関わっており塩分制限に気をつける、適度な運動をするなど、悪化させないという治療が大切になっていきます。

心不全の予防は何したらいい?

 治療とつながる点ですが、心不全は高血圧や糖尿病などの生活習慣病が、心不全を引き起こす原因になるため、塩分や脂肪分の多い食事につける、喫煙は控える、日頃から体を動かすことを意識するなど、食事・生活習慣に気をつけていくことが大切です。

国家試験に出る問題

NYHA分類、フォレスター分類、左心不全の症状、右心不全の症状、治療薬剤(強心薬、β遮断薬、利尿薬、硝酸薬)は、最低限覚えておいてください。💁

マイナーな難しい問題をあえて覚える必要はありません。上のものだけ理解できていればOKです👌

国家試験 過去問題

急性心不全の症状はどれか

1、肝腫大

2、呼吸困難

3、下肢の浮腫

4、頸静脈怒張

正解は、2番です。

左心不全の症状、右心不全の症状はなんども病態を理解し、暗記するのではなく理解して解けるようになる方が良いです!

投稿者

itsu271128@gmail.com
23歳看護師、救命救急センターに所属。 ブログ歴2年。 記事など本格的に始めたいと思い新規開設しました。 看護師3年目で救命科医師と結婚。 経験などから役立つ内容を書いていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭部外傷について

2020年6月15日