看護

緊急対応〜挿管について〜


続きです!

挿管をするとなると、

まず、緊急カートを持ってきて

挿管物品を出し、物品の準備をします。

※挿管チューブは先生にサイズを確認し、チューブが不潔にならないようにキシロカインゼリーを付けておきます。

鎮痛薬、鎮静薬、筋弛緩薬、昇圧剤(お守り)を準備します。

そして、 ベットサイドを整えます。

ベッド柵を外し、医師が患者に触れやすいようにします。

人工呼吸器と吸引物品を準備します。

滅菌蒸留水を通し、加温加湿器等がちゃんがちゃんと作動するかを確認をし、いい位置にセッティングします。

呼吸器とは別の酸素の配管からバッグバルブマスクを繋ぎ、医師が換気しながら、

別の医師が鎮痛薬、筋弛緩薬、鎮静剤を投与します。

その際に、誰先生が、何分に、何を、何mlどこから投与したのか、カルテに記録しなければいけません。

先生の指示を聞きつつ何をしたかを聞きつつ、記録をしていきます。

挿管前の使用薬剤についてですが、これは患者の病態や緊急度、用意できる薬剤は変わってくるので一例として紹介します。

まず、麻薬であるフェンタニルという最強の鎮痛剤を使い、痛みがないようにします。

そして、ミダゾラムという鎮静剤をしっかり投与し眠っていただきます。

ミダゾラムは救急カートの中にも入っています!

挿管は非常に苦痛を感じる行為のため、中途半端に効いている状態ではPTSDになったり、本人が辛い思いをしてしまいます。

また、暴れると、危険なので、しっかり眠っていただきます。

そして、それだけではまだ無意識な筋反射があり挿管しにくいので、

スムーズに挿管するために、

筋肉の緊張を取る必要があります!

そこで、

筋弛緩薬のロクロニウムという薬を投与します。

筋弛緩薬は1分程度で効き目が出てくるので、

「1分カウントして」と言われます。

1分タイマーでカウントし、

「1分です!」と先生に伝えます!

もう1つは昇圧剤です!

これは使用しないこともあります。 

なぜ、昇圧剤を準備するかというと、

鎮静剤により血管が拡張したり、麻酔により苦痛が取れるので

急速に血圧が低下するお場合が多いからです。

したがって昇圧剤をすぐに投与できる状態にしておきます。

気管挿管は救急の領域では緊急で行われることが多く、バタバタした中での処置になりますが、様々な薬剤を様々な量で次々と使用するため

➀必要な薬剤をあらかじめ先生に確認して用意しておく。

➁使った薬剤を先生にいってもらいダブルチェックする。

ことが大切です。😄

挿管後は

固定の深さを分かるように記載し、

各勤務でマーキングの確認をします。

また、ポータブルで挿入位置の確認をします。

それはちゃんと気管内に挿管されている状態かを

確認・維持するためです。👍

⓵レントゲンと聴診で両肺の呼吸音が聞こえるか

⓶挿管チューブが呼気で曇っているか

⓷EtCO2の波形が出ているのか

を自分自身で確かめることが大切です!

挿管介助については


ナーシングスキルで
動画を閲覧ください!⭐️

最後に、
挿管している患者さんを看るよりも急変リスクがあり、フィジカルアセスメントが重要なのは
このような、未挿管の患者さんです。

COPDに限らず、呼吸器疾患で未挿管の患者さんは、挿管のリスクは常にあると思います。

いざという時に動けるように、イメージトレーニングをしておくことが大切ですね!⭐️

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!

投稿者

itsu271128@gmail.com
23歳看護師、救命救急センターに所属。 ブログ歴2年。 記事など本格的に始めたいと思い新規開設しました。 看護師3年目で救命科医師と結婚。 経験などから役立つ内容を書いていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です